人気が高まる脂肪注入法!メリットとデメリットを知る


自然なバストアップができる

豊かで丸みのあるバストは女性らしさの象徴ともいえます。きれいなバストを維持するためにエクササイズやマッサージなどの努力を続けている人も多く存在します。とはいえ、自己流のケアだけで理想の形や大きさを獲得するのは難しいものもあります。大幅にサイズアップするのであれば豊胸手術も検討してみましょう。豊胸手術にも多くの種類がありますが、最近特に人気となっているのが自らの脂肪を採取しバストに注入する脂肪注入法です。この方法であれば、自然な丸みや柔らかさを得ることもできますし、手術をしたことがバレにくいというメリットもあります。バストには注射器で注入していきますので、バストに目立つ傷が残る心配もありません。太ももやお腹などの痩身が同時にできるのもこの治療の良いところです。

デメリットも知っておこう

脂肪注入法は人気の豊胸手術でメリットも多くありますが、デメリットもあります。まず、やせ型の人は十分な脂肪を採取できないことも多く、大幅なバストアップは難しいものがあります。バストには傷は残りませんが、脂肪吸引をしたところには傷もできますし、圧迫固定などのアフターケアも必要です。注入した脂肪が全て定着するわけではないことも理解しておきましょう。しこりや石灰化ができるリスクもありますので、良質な脂肪を利用することも大事です。脂肪注入法にも色々な種類がありますので、できるだけ石灰化などのリスクも少なく定着率も良い最新の治療を選ぶことを心掛けましょう。一度の施術で注入できる量には限りもありますので、数回に分けて治療をする場合があることも理解しておきたいところです。

豊胸手術は、人工乳腺を入れる従来の方法だけでなく、手術の前に採取した自分の皮下脂肪を使う方法や、美容成分を含んだ薬剤を使う方法まで様々なものがあります。