どうやったら改善できる?agaの原因と対策方法


agaの原因は大きく3種類

agaの主な原因となっているのは、男性ホルモン、遺伝、生活習慣の3つです。男性ホルモンに関しては、テストテロンという成分が頭皮周辺にある5aリダクターゼという酵素と結びつき、DHTという強力な男性ホルモンに変化します。そして、DHTが毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結合し、脱毛因子を増加させるのです。遺伝に関しては、医学的な実証はされていないものの、5aリダクターゼを生成しやすい、男性ホルモンレセプターの感受性が強いなど、体質を受け継ぐことでagaが発症しやすいとされています。生活習慣に関しては、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなどで自律神経やホルモバランスを乱すと、agaを発症させるトリガーとなったり、症状を悪化させたりすると考えられています。

agaを改善するための対策

睡眠不足やストレスなど、後天的な要因でagaになった場合は、生活習慣を正すことである程度改善することが可能です。しかし、男性ホルモンや遺伝によるagaの場合は、より専門的な対策が必要となります。まず、髪の栄養素となるたんぱく質やビタミン、ミネラルを積極的に摂取するほか、しっかり睡眠を確保することが第一です。次に、健康な毛を育むために頭皮環境を整えることを心掛け、シャンプーのすすぎをしっかり行ったり、頭皮マッサージをしたりするのがおすすめです。そして、最も効果的な対策としては、薬を服用して5aリダクターゼを阻害することがあげられます。5aリダクターゼが阻害できれば、DHTも生成されにくくなり、脱毛因子を減らすことができます。

男性型脱毛症でお悩みの人、agaを仙台で治療したい人は、口コミの良いAGA治療院を選ぶことをおすすめします。