agaを発症する仕組みを知り、日頃から対策をすること


どうしてagaは発症するのか?

aga(男性型脱毛症)の発症メカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが頭皮に存在する酵素と結びつくことによって発症します。これは、酵素の働きによってテストステロンが形を変えてしまうのです。その結果、そのホルモンが頭皮に働きかけ、悪影響を及ぼすことによって髪の毛の脱毛が促進されるのです。また、このホルモンは頭皮の健康な発毛を阻害するため、髪の毛が生えてこなくなるなど薄毛を促進させ、結果的に毛髪が薄くなるという症状を発症します。

agaに効果的な治療方法

一般的に、aga治療はホルモン治療が行われます。agaを促進させるのが、男性ホルモンが悪影響を及ぼす事によるものであるので、それを抑制するためにも男性ホルモンの作用が必要になります。ホルモン治療と言っても、注射を打ったりするわけではなく、薬を飲んで治療するのが基本です。治療に用いられる薬は、髪の毛の発毛を促す薬、それに加えて、髪の育毛を促進する薬を併用して服用します。そうすることで、ほとんどの人は半年程度で治療効果が得られます。

agaにならないための生活習慣

aga対策で重要なことは、生活習慣を改善することです。agaの傾向として、乱れた生活習慣や偏った食生活、それに、喫煙習慣によって発症しやすいということが研究によって明らかになってきました。そこで、治療の一環として生活指導も行われています。外食が多い生活をしているのであれば、野菜を積極的に摂取するように心がけ、できるだけバランスの良い食事をし、十分な睡眠を取ることが大切なのです。

agaを札幌で検討する際は施術方法が多彩かどうかです。個人に合わせた薬剤を選ぶ対応がされているかが重要です。